60代男性が40代女性と出会って恋愛する方法!

40代美人女性


若いときと違い、60代男性が恋愛をするにはやり方があります。

若さがあるときはナンパも一つの方法ですが、年齢を重ねた男性の場合は単に声をかけるだけでは成功しません。

60代男性の相手に相応しいのは40代女性ですが、その年代の女性との出会いをするにはそれなりの工夫が必要です。



60代男性は欲望を見せると失敗する


60代男性の恋愛と聞いて、すぐに思い出すのは元大手出版社編集長がネットに書いたナンパ方法記事です。

この記事が注目されたのは「炎上したから」ですが、ではなぜ「炎上したか」と言いますと、女性を「見下した」または「甘くみた」ことが原因です。

その記事には美術館で女性を口説く方法が書いてあったのですが、そこには「美術館に来る女性は、男性に誘われることを期待にしている」と受け取れるような内容が書いてありました。

つまり、「40代女性との出会いを求めるなら美術館に行きましょう」ということを提唱していたのですが、この発想が純粋に美術館を愛している人や純粋な恋愛に憧れている人たちに嫌悪感を与えたようです。

若い頃は欲望が前面に出ていることが魅力になることもあり、それこそ若さの特権ですが、60代男性が同じように振舞うならそれは痛ましさと悲しさしか表しません。


自然に見せることが警戒心を解くコツ


ビジネスの世界の格言に「魚釣りは魚のいるところでやれ」というものがありますが、恋愛についても当てはまります。

出会いがなければ恋愛に発展することなどあり得ませんので目的の女性層がいるところに行くことは基本中の基本です。

その意味で言いますと、先ほど紹介しました「60代男性が出会いを期待して美術館に行くこと」自体は理に適っているのですが、出会いだけを目的に行くのが間違っているのです。

想像してみてください。美術館で絵画を観ずに場内の女性を物色しているような目つきの男性に魅力を感じるはずはありません。

女性は絵画を見ている男性に魅力を感じるのです。

そして、なにかのきっかけや偶然の出来事で出会いがあるのです。ここがとても重要です。

女性の側にしてみますと、出会いを求めて美術館に来たのではなく、絵画を観に来てたまたま出会いがあったことが重要なのです。

その意味で言いますと、出会える場所は美術館に限りません。

60代男性と40代女性の両方が興味を持ちそうな場所であるならどこでもよいのです。

重要なことは出会いのためにそこに行くのではなく、あくまで出会いは偶然の賜物であることが大切です。


40代女性との恋愛はコミュニケーションが大切


自分で気づいているかどうかは別にして、若い頃は欲望を満たすことが一番の目的であることがほとんどです。

それに対して、社会経験や恋愛経験が豊富な60代男性と40代女性の恋愛は、大人の関係にたどり着くまでのコミュニケーションも楽しみの一つです。

出会いの方法も含めて酸いも甘いも経験した男女だからこそ楽しめる恋愛があります。それを楽しむのが大人の恋愛です。